ときめきCreateは、結果にコミットするホームページを制作いたします。売上が上がるホームページをお探しならば、お気軽にご相談ください。相談は無料!あなたのビジネスの売上に貢献いたします。

新潟でのMEO対策とは?ローカル検索に必要?

SEO対策という言葉は聞いたことがあっても、MEO対策という言葉は聞いたことがない方は多いと思います。

しかし現在、MEO対策というものが注目されてきており、地域でビジネスを展開しているお店や企業にはとても重要なWEB集客の要素になるのです。

ここでは、MEO対策とはどういったものなのか、またローカル検索(「地域名 + サービス名」で検索)とはどういう関係があるのかなど、解説していきます。

目次

MEO対策はローカル検索に必要

MEO対策とは「Map Engine Optimization(マップ エンジン オプティマイゼーション)」の略でMEOと呼ばれていますが、「Googleマップ最適化」のための対策になります。

Googleマップを見た時にお店や会社の場所が表示されたり、その表示されるお店や会社の情報がしっかりとしていたり、画像があったり、口コミが載っていたりなどの最適化をすることをMEO対策と言います。

またMEO対策をすることにより、「地域名 + サービス名」などのキーワードでGoogle検索(ローカル検索)をした時に上位表示されやすくもなります。

試しに「新潟市 焼肉」というキーワードでGoogle検索し、検索結果画面を赤枠で区切ってみると、以下のような画像になます。

PCで「新潟市 焼肉」でGoogle検索した結果の画像を、MEO箇所とSEO箇所で赤枠で区切っている
パソコンでのGoogle検索結果
スマホで「新潟市 焼肉」でGoogle検索した結果の画像を、MEOとSEOの箇所を赤枠で区切っている
スマホでのGoogle検索結果

MEOと書かれて赤枠で区切ってある箇所がMEO対策で上位表示されたお店SEOと書かれて赤枠で区切ってある箇所がSEO対策で上位表示された情報です。

MEOに記載されている3店の焼肉店は、MEO対策がしっかりされているためにMEOで上位表示され、検索してすぐに表示されたのです。

その3店の焼肉店は、画像があるためかなり目立ちます。

画像以外にも、 店名・評価・住所・営業時間などの詳細情報が一気に表示されています。

ここに表示されれば、かなりの宣伝効果がありますよね!

Google検索をすると、MEO枠とSEO枠のどちらも出てきて、更にMEOの方がSEOよりも上に表示されるようになっています。

これが上記で、「MEO対策をすることにより、「地域名 + サービス名」などのキーワードでGoogle検索をした時に上位表示されやすくもなる」と説明した理由です。

また現在、スマホはほとんどの人が持っていて、スマホでローカル情報をGoogleなどで検索する人は9割を超えています。

  • 94%のスマホユーザーはローカル情報を検索
  • 51%は実際に店舗に来店
  • 48%は店舗に電話
  • 29%は来店してすぐに商品を購入

(引用元:スマートフォンユーザーのローカル利用)

上記データから、ローカル検索で上位表示することができれば、かなりの集客効果が得られることが期待できます。

MEO対策をすることにより「地域名 + サービス名」のローカル検索でも上位表示されるようになり、更にスマホでローカル検索をする方が9割を超えているいうことから…

MEO対策は、地域でビジネスを行っているお店や会社には必要どころか、必須の対策と言っても言い過ぎではなくなっているのです!

ローカル検索はGoogleマップでの検索が増加している

ローカル検索と言えば以前は検索エンジン(GoogleやYahooなど)からの検索が多かったのですが、今はGoogleマップからの検索も増えています。

地図アプリを利用しているかの年代・性別別のアンケート結果 約7割が利用している
「地図アプリを利用していますか?」アンケート結果

調査期間 :2018年8月16日(木)〜8月17日(金)
調査対象 :10代以上 / 男女 / 自社モニター会員 / iPhoneユーザー
割付方法 :4,219サンプル(10代:1,335サンプル、20代:1,333サンプル、30代以上:1,551サンプル)

「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co

地図アプリの利用率は全体で73.6%となっており、男性の利用率はすべての年齢層で7割を超えています。

メインで利用している地図アプリはどれなのかの年代・性別ごとのアンケート結果 Googleマップは約6割使用
「メイン利用している地図アプリは?」アンケート結果

「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co

更に様々ある地図アプリの中でもGoogleマップの利用率が圧倒的で、全年代で63.5%となっています。

試しにスマホにてGoogleマップで「地域名 + サービス名」で検索してみると以下のようになります。

「新潟市 美容室」でGoogle検索した結果の画面
「新潟市 美容室」検索結果
「新潟市 エステサロン」でGoogle検索した結果の画面
「新潟市 エステサロン」検索結果
「新潟市 ランチ」でGoogle検索した結果の画面
「新潟市 ランチ」検索結果

「地域名 + サービス名」の検索だけでなく、「サービス名」だけで検索することもできます。

少し検索結果に変化があります。

「美容室」でGoogle検索した結果の画面
「美容室」の検索結果
「エステサロン」でGoogle検索した結果の画面
「エステサロン」検索結果
「ランチ」でGoogle検索した結果の画面
「ランチ」検索結果

いずれの場合でも、Googleの検索エンジンで検索した時にはMEOは3枠しか表示されなかったのが、Googleマップだと3枠を超えて多くのお店が表示されます。

Googleマップで検索してもらえれば、検索エンジンでの検索よりもお店や企業の存在を知ってもらえる可能性が上がります。

MEO対策は、検索エンジンだけでなくもちろんGoogleマップの検索についても対策することになるのです。

また、MEO対策をしっかりと行えば、MEOでの上位表示をすることも可能になるので、チャンスは広がります。

MEO対策は、検索エンジンだけでなくGoogleマップでの上位表示による集客効果も見込めることからも、積極的に取り組みべき対策なのです。

首都圏でもMEO対策は少ない

左手にメガネを持ち右手で目頭を押さえて疲れていそうな男性

MEO対策は注目されてきているとはいえ、まだまだ知名度が低いWEB集客対策です。

たまに仕事関係で東京や大阪などの大都市に行くのですが、大都市でもMEOがそれほど普及していないと感じます。

アポイントのあるお店に行こうと思ってGoogleマップで探しても、登録していないために出てこなくて、行き着くのに苦労したという経験が何度かあります。

大都市でもそんな感じなので、地方の新潟ではMEOの普及率はもっと低いのではと思います。

MEOの普及率が低いということは競争率も低いと言え、MEO対策にはビジネスチャンスが転がっているとも言えます。

インターネットで探すことができない、名店や名企業が眠っていると思うと、とても勿体無い…

チャンスがあるからこそ、MEO対策には積極的に取り組んでほしいです。

MEO対策とSEO対策の違い

右手をあごの辺りにあて疑問の表情の女性

MEO対策のことを知らなかったけど、そもそもSEO対策のこともよく知らないし、両者の違いもよくわからないという人もいるかと思います。

MEOとSEOは別物で、異なった施策です。

SEOは「検索エンジン最適化」のことで検索エンジン(GoogleやYahooなど)で検索した時の上位表示を目指す対策ですが、MEOは「Googleマップ最適化」のことで前述の通りマップで見た時にしっかりとした情報を載せて上位表示を目指す対策になり、2つの対策はまったく別の対策となります。

SEO対策をして上位表示が出来たとしても、MEO対策をしていなければMEO枠には表示されません。

MEO対策をすれば、検索エンジンで「地域名 + ビジネス名」で検索した時に、MEO枠とSEO枠の両方で表示され、更にMEO枠の方がSEO枠よりも上位に表示されるので視認性が高くなります。

上記のことから、例えSEO対策で上位表示が出来ていたとしても、MEO対策はするべきです。

更にSEO対策は、以前からある対策のため研究や勉強をしている人は数多くおり、上位に表示させるための施策は多数で、競争も熾烈を極めているので、SEOで上位表示させるにはかなり難しくなっています。

それに比べてMEO対策はSEO対策に比べると設定する箇所は少なく、比較的容易に上位表示する可能性があります。

MEO対策はホームページを持っていなくてもできることもメリットです。

かと言ってMEO対策だけをすればSEO対策はしなくてもいいというわけでもありません。

MEOとSEOはお互いに影響しあっており、似た性質も持っています。

MEO対策をしっかり行えばSEO対策にもなり、SEO対策をしっかり行えばMEO対策にもなります。

MEOとSEOの両方で上位表示することができれば、検索結果の1ページ目にお店や企業の宣伝を2枠載せることができるので見込み客に与えるインパクトは絶大です!

「2つも載ってるなんてそんなに人気なんだ」「2つ載ってるお店が気になる」などの感想を持ってもらえ、あなたのお店や企業の存在を知ってもらえ、来店してもらえる可能性が高まります。

MEO対策とSEO対策の2つの対策をしっかりと行うことが、あなたのビジネスの売上に繋がります。

MEO対策おすすめ業種

笑顔の女性がノートパソコンを操作しながらOKサインを出している

MEO対策は来店型の地域(ローカル)ビジネスを行っているお店や企業におすすめのWEB集客法ですが、どのような業種におすすめなのか具体的にご紹介します。

美容系

美容室・理容室・エステ・ネイル・マツゲエクステ・フェイス・ヘッドスパ・リラクゼーションなど

医療系

内科・外科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・産婦人科・心療内科・精神科・歯科・眼科・皮膚科・整形外科・形成外科・美容外科・美容皮膚科・小児科・健康診断・人間ドック・動物病院など

飲食系

居酒屋・和食・洋食・中華・バイキング・定食・焼肉・焼き鳥・ラーメン・とんかつ・うどん・そば・寿司・天ぷら・うなぎ・しゃぶしゃぶ・すき焼き・お好み焼き・たこ焼き・パン・カフェ・スイーツ・和菓子など

民間療法系

マッサージ、カイロプラクティック、整体、鍼灸、産後ケアなど

介護系

デイサービス、訪問介護、訪問看護、リハビリテーション、老人ホーム、障害者施設など

士業系

税理士、会計士、弁護士、社会保険労務士、司法書士、行政書士など

不動産系

賃貸、売買、仲介、管理、貸会議室、駐車場など

教育系

学習塾、予備校、専門学校、英会話スクール、カルチャー教室、スポーツ教室、料理教室など

スポーツジム系

フィットネス、加圧トレーニング、スイミング、エクササイズ、ボクサーサイズ、ヨガなど

宿泊系

シティホテル、ビジネスホテル、カプセルホテル、旅館、民宿、温泉宿、観光地など

自動車系

新車、中古車、レンタカー、修理、整備、カスタムなど

小売系

雑貨、アパレル、アロマ、美容品、事務用品、家具、家電、スーパーなど

上記は一部となりますが、MEOと相性のいい業種となりますので、あなたのビジネスが該当するのであればMEO対策を検討してみてください。

このように来店の機会のある店舗や企業であればMEOはやるべき施策と言えますが、ネットショップなど来店型ではないビジネスだとあまり相性がいいとは言い切れません。

とは言え、今は何をするにもまずは検索して口コミやレビューを見る人が多いので、情報をインターネットに載せるというのはビジネスの宣伝や告知になりますので、業種に関係なく「まずはMEO対策をやってみる、やってみてから改善していく」というのがおすすめです。

MEO対策のメリットとデメリット

女性が右手にA左手にBを天秤のように持っている

ここまででMEO対策について解説してきましたが、今一度MEO対策のメリットと、そしてデメリットについてまとめます。

MEOメリット
  • 集客効果が高い
  • 経路が表示される
  • 口コミにより信頼を得られる
  • 比較的上位表示しやすい
  • 無料で始められる
  • ホームページが無くても取り組める
MEOデメリット
  • Googleガイドラインを守らないと表示されなくなる
  • 悪い口コミを書かれる可能性がある
  • ターゲット地域が無いビジネスは効果薄い

MEO対策のメリット・目的は、見込み客にお店や会社の存在が認知してもらえやすくなり集客に繋がることです。

Googleマップの検索で場所がわかることにより、ナビ機能でお店や会社までの経路がわかるので、スムーズな来店に繋がる可能性が高いのもメリットになります。

また口コミ機能によりお店や会社の口コミを集めることができるので、良い口コミにより信頼が高まり来店動機にもなります。

MEO対策を取り組んでいるお店や会社はまだ少なく、SEOと比べて比較的上位表示しやすいし、検索エンジンとGoogleマップのどちらとも上位表示する可能性も秘めています。

今は紙媒体の反応も低下してきているし、ポータルサイトの掲載費も高騰してきているところ、MEO対策は無料で始められるというコスパの高さも魅力です。

ホームページが無くても取り組めるという気軽さもあります。

しかし、Googleのガイドラインを守らない場合、表示されなくなったり、削除されてしまう可能性がありますので、設定には注意が必要です。

また口コミ機能により、悪い口コミを書かれてしまうと逆効果になることがあります。

それがお店や会社の不手際や設備不備などにより書かれてしまった口コミであれば、課題に気付かされたり、改善のチャンスを得られることになるので良いことなのですが、評価を落とすためにありもしない悪い口コミを書かれてしまう可能性もゼロではありません。

更に実際の店舗が無かったり、ターゲット地域が特定されていないネットショップなどはMEOの恩恵を受けにくいので対策の必要性は無さそうです。

このようにMEO対策にはメリットとデメリットがあります。

「デメリットがあるならやらない方がいいの?」と思われる人もいるかもしれませんが、デメリットのリスクがあってもそれを超えるメリットがたくさんあります。

MEOに取り組まないことが、一番のデメリットではないかと思いますので、メリットを最大化できるように取り組んでいきましょう。

MEO対策の上位表示要素とは

スーツ男性が空中に写っているデータを指で操作しているイメージ図

MEO対策で上位表示させるためには、上位表示のための仕組みを知っておく必要があります。

マップ検索、ローカル(地域)検索の順位は、関連性、距離、知名度の3つの要素が重視されています。

  • 関連性: 見込み客が検索しているキーワードと関連性が高いか
  • 距 離: 見込み客が検索した場所から近いほど上位表示
  • 知名度: どれだけ有名で知名度があるか、ブログやSNSで話題か

まずは関連性です。

検索したキーワードと関連がなければ検索結果に出てきません。

ケーキ屋と検索したのに、検索結果に病院しか出てこなかったら意味がないからです。

次に距離です。

見込み客が検索したところから距離が近いほど上位表示されやすくなります。

これは、例えばあるマップアプリに、これからランチに行きたくて、新潟で「定食屋」と検索して検索結果に東京の定食屋ばかりが出てきたら、「このマップアプリ使えないな」と思われて誰も使わなくなるからです。

新潟で定食屋を検索したら新潟の定食屋が出てきて、しかもこれからすぐに食べに行く可能性があるので距離が近い場所が優先的に検索結果に出やすくなるのです。

ただ、距離が近ければ必ず検索結果上位に出るわけではなく、関連性と知名度の要素が複雑に絡み合っています。

対策することのできない距離のことは気にせず、対策することのできる知名度を上げる努力をすることが、マップ検索・ローカル検索で上位表示させやすくする方法です。

まずはお店や会社の情報を正しく設定し、世に出ている情報と整合性を図ることが大事です。

例えば実際の業種と記載されている業種が違ったり、住所が間違っていたりすると、整合性が図れなくて、実際の評価よりも下がってしまう恐れがあります。

次に、知名度を上げるために様々な施策を考えて、行っていく必要があります。

料理などのサービスの写真や動画、店内の写真や動画などを発信していくと見込み客への情報提供となり、アピールすることができます。

また来店してもらった顧客からクチコミを書いてもらったり、ブログやSNSで紹介してもらったりすると評価が高まって上位表示されやすくなりますので、紹介してくれたら次回サービス券を発行するなどの対策もありかと思います。

この写真や動画などの情報提供と口コミを増やすことは、継続的に行っていき、情報を常に新しくしていくことが知名度を上げるための秘訣です。

MEO対策のやり方

ノートパソコンでデータを入力している男性

それでは実際にMEO対策のやり方についても解説していきます。

  1. Googleマイビジネスに登録する(無料)
  2. お店や会社の情報を正しくすべて入力する
  3. 写真やキャンペーンなど情報を継続して投稿する
  4. クチコミを増やす行動を続けていく

これらのことをしていけばMEOで上位表示しやすくなっていきます。

難しく考え過ぎずにまずはやってみることが大切です。

次に1つ1つ解説していきます。

1.Googleマイビジネスに登録する

MEO対策を始めるには、最初にGoogleマイビジネスに登録をしなければいけません。

Googleマイビジネスは無料で登録できますので、利用しない理由はありません。

検索エンジンにて「Googleマイビジネス」を入力・検索するか、以下のリンク先より登録していきましょう。

Googleマイビジネス公式サイトへ

登録方法はそれほど難しくないので、進めて行けば問題ないかと思います。

Googleマイビジネスの登録
  • ビジネス名を登録 → 店舗名や会社名
  • ビジネス所在地を登録 → 店舗や会社の住所
  • ビジネスカテゴリを登録 → キーワードを入力すると表示されるので選択
  • 連絡先の電話番号の登録 → 市街局番から入力
  • ウェブサイトのURLを登録 → 店舗や会社のホームページURL
  • オーナー確認方法の選択 → 原則はハガキが郵送(約2~3週間)されて確認
  • ハガキの確認コードを登録 → オーナー登録完了

オーナー登録が完了すると、Googleマイビジネスに詳細な情報を載せることができるようになります。

営業時間、定休日、提供サービスの種類や価格、開業日、写真・動画など、すべての情報を詳しく正しく記載し、見込み客へのアピールをしてください。

ビジネス情報を登録して確認するという公式ヘルプページも参考にしてみてください。

2.お店や会社の情報を正しくすべて入力する

Googleマイビジネス登録の注意点は、店舗情報を統一して入力することですが、これはNAP対策と言われています。

NAPとは、Name(店舗・企業名)・Address(住所)・Phone(電話番号)の頭文字です。

Googleマイビジネス、ホームページ、ブログ、SNSなどでNAPを登録する際に全て統一して、同じように入力してください。

違う入力をすると、Googleから別のビジネスだと認識されてしまう可能性があるからです。

名前は、株式会社なのか(株)なのかを統一、ひらがな・カタカナ・漢字・英語などを統一する(「にいがた」なのか「ニイガタ」なのか「新潟」なのか「Niigata」なのかの表記を同じにする)。

住所は、1丁目2番3号なのか1-2-3なのかを統一する。

電話番号は、フリーダイヤルよりも市外局番の番号の方が、何処の地域ビジネスなのかがわかるから望ましいです。

また名前などにキーワードを入力するとGoogleガイドライン違反に該当する可能性があるので、素直に真面目に入力してください。

3.写真やキャンペーンなど情報を継続して投稿する

Googleマイビジネスを登録して、オーナー登録まで完了すると、詳細な情報を載せることができるようになります。

どれも大事な要素ではありますが、特に写真や動画、キャンペーン情報などは見てくれた人へのアピールとなりますので、継続して新たな情報を追加するようにしましょう。

サービスの写真や店外・店内の写真などは、あなたのお店や会社の雰囲気を知ることができるので積極的に掲載しましょう。

飲食店であれば、イチオシメニューや新メニューなどの写真を載せてください。

美味しそうな写真を見れば、来店動機が高まること間違い無しです。

4.クチコミを増やす行動を続けていく

情報入力ができたら、クチコミを増やす行動をしていくことも大事です。

クチコミは数も大事ですが、その内容も大事です。

良いクチコミを見た人は行ってみたいと思うし、悪いクチコミを見た人は行きたくないと思うはずです。

クチコミを増やしたり良く見せるために自作自演で書き込む人もいますが、Googleガイドライン違反になりますのでやらない方がいいです。

ウソの口コミはバレてしまうものだし、信頼を失うので逆効果です。

本物のお客さんからクチコミを書いてもらう努力をしていきましょう。

しっかりと丁寧な対応をしていけば自然とクチコミは入力されていくはずです。

まずは、お願いしやすい友人や知人、常連客に「Googleのクチコミを書いてください」と伝えると始めやすいと思います。

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSに口コミを書いてもらったり、被リンクしてもらう(ホームページやマップをリンクしてもらう)のもMEO対策になります。

また「クチコミ・SNS投稿で次回○○サービス」などの特典を付けるのも手の1つです。

そして、クチコミに対して、返答するというのもお客様とのコミュニケーションになるのでおすすめです。

ただし、コミュニケーションのやり方を間違えてしまうと逆に信頼を無くしたり炎上する可能性もあるので注意してください。

MEO対策まとめ

広げたノートパソコンの前で左手で頬杖をしながら笑顔の女性

今回はMEO対策について解説していきました。

MEO対策は、集客効果が高いのに、簡単に、無料で、ホームページが無くても取り組みことができ、まだライバルが少ないので上位表示しやすいというおすすめの施策です。

今は、何処に行くにも、何をするにも「まずは検索」の時代です。

検索をして、お店・会社の情報やサービス内容、クチコミ、店内や料理の写真などを見てから行動するという人が大半です。

そんな時代に最適な施策と言えるのがMEO対策です。

この機会に是非MEOに取り組んでみてください!

もし、MEO対策をしたいけど難しそう、手間がかかりそうなど心配やお困りごとがありましたら、ときめきCreateまでお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
目次
閉じる